Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Sponsored links
My出資馬
Powered by 一口馬主DB
天気予報
食べログ
来客数(2010/1/27〜)
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
なぜか運をつかむ人逃す人
「なぜか運をつかむ人逃す人」 植西 聰 著 
なぜか運をつかむ人逃す人

何事も前向きにとらえて、そこにはチャンスが存在するのだ考えることも必要ですね。

競馬Blog人気Ranking 
posted by: ジョッチー(Jotte) | 書籍/2010年 | 18:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら
「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら」 岩崎夏海 著
もしドラ 

目標設定、マーケティング、戦術、戦略と非常に分かりやすく楽しく(悲しく)読めました。
勉強になります。

競馬Blog人気Ranking
posted by: ジョッチー(Jotte) | 書籍/2010年 | 07:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
残念な人の仕事の習慣
「残念な人の仕事の習慣」 山崎 将志  著
残念な人の仕事の習慣

目標を持って仕事も人生も考えないといけないですね。

競馬Blog人気Ranking
posted by: ジョッチー(Jotte) | 書籍/2010年 | 07:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
往復書簡
「往復書簡」 湊かなえ著
往復書簡
手紙のやり取りから、最後は真実が・・・ 最後は寒い(怖い)。

競馬Blog人気Ranking
 
posted by: ジョッチー(Jotte) | 書籍/2010年 | 17:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
空の中
「空の中」有川 浩 著
空の中

「阪急電車」を読んでから、最近は有川 浩さんの本を読むようになりました。
空にいる謎の生物は一体何なのか? 知的生命体とやり取りで日本を救えるのか?
高知の宮じぃが中々いい感じでした。

競馬Blog人気Ranking
posted by: ジョッチー(Jotte) | 書籍/2010年 | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
夜行観覧車
「夜行観覧車」湊かなえ 著
夜行観覧車/湊かなえ

家族の中でも色々の問題が生じるが、一線を越えてしまった家族は・・・・
一番怖いのは、近所のおばさん、さと子かな!

競馬Blog人気Ranking 
posted by: ジョッチー(Jotte) | 書籍/2010年 | 12:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
海の底
「海の底」 有川 浩 著
海の底/ 有川 浩

深海にすむ小さな海老(ザリガニ)が浅い海で巨大化して陸上の人間を襲う。
対処するために警察が動くも、銃の使用や、色々な問題で防御するのが一杯。自衛隊が出動するには? また、潜水艦に逃げ込んだ子供たちとの4日間の団体生活の諸問題はどう解決されるのか?
日本の法律やマスコミ報道、人間つながりなどを考えさせられる。

競馬Blog人気Ranking
posted by: ジョッチー(Jotte) | 書籍/2010年 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
すし屋の常識・非常識
「すし屋の常識・非常識 」重金敦之 著
すし屋の常識・非常識

少し知識は増えたように思います。
旬のお鮨食べたくなりました。

競馬Blog人気Ranking
posted by: ジョッチー(Jotte) | 書籍/2010年 | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
阪急電車/有川 浩
「阪急電車」 有川 浩 著
阪急電車

阪急電車の中で人のつながりや、運命的な出来事が起こる。 
面白いので、一気に読んでしまいました。
有川 浩さんの本、2冊目を京都駅構内の本屋さんで見つけて買っちゃいました。

競馬Blog人気Ranking
posted by: ジョッチー(Jotte) | 書籍/2010年 | 16:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
ほかならぬ人へ
「ほかならぬ人へ」 白石 一文 著
ほかならぬ人へ

愛と結婚、そして男と女の違いなのだろう。

競馬Blog人気Ranking
posted by: ジョッチー(Jotte) | 書籍/2010年 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) |